2015年1月17日 | オモシロ速報 <アニメ、ゲーム、アイドル、エロ中心の2chまとめブログ>
 
オススメの記事 
 
 
 
 

【衝撃画像】 齢70歳のAV女優が登場





1: 名無しさん@おーぷん 2015/01/15(木)17:13:52 ID:Rdl

七十歳のおばあちゃんとデカマラ黒人のSEX

※画像はコチラ↓


(さらに…) 省略されました!全てを読むにはココを押してください

【衝撃動画】 韓国の保育園怖すぎ… キムチを残しただけでブッ飛ばされる…





1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/01/16(金) 14:33:00.67 ID:MFHoUEMr0.net

キムチ残してはいかんのか?
https://www.youtube.com/watch?v=qJkwkAkNQe4




(さらに…) 省略されました!全てを読むにはココを押してください

佐世保解体殺人事件の犯人の精神鑑定終了 「中途半端に終わった。全部解剖してみたかった」 





1: シャチ ★@\(^o^)/ 2015/01/16(金) 21:14:53.44 ID:???0.net

毎日新聞 1月16日(金)20時1分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150116-00000081-mai-soci
長崎県佐世保市の高1同級生殺害事件で、殺人容疑で逮捕され精神鑑定のため留置中だった少女(16)の鑑定が終了し、
少女は16日、県外の医療施設から県警佐世保署に移された。捜査関係者によると、少女は刑事責任能力があるとみられており、
長崎地検は「刑事処分相当」の意見を付け家裁送致する方向で検討している。再犯防止も考慮した上で、勾留期限の20日までに最終判断する見通し。

 少女は精神鑑定のため昨年8月から医療機関に留置され、2度の期間延長を経て、
留置期限の16日に鑑定結果が長崎地検に提出されたとみられる。少女は県警の調べに「殺すのは誰でもよかった」と供述。
捜査関係者によると、善悪の判断に問題はないとみられることから、刑事責任能力が問えると判断できる見通しという。
長崎地検は鑑定結果を精査した上で「刑事処分相当」の意見を付けて家裁送致することを検討している。

 また、捜査関係者によると、遺体の一部を解体したとされる少女は鑑定前の調べに「中途半端に終わった。
全部解剖してみたかった」と供述している。このため、長崎地検は再犯防止を考慮し、
医療少年院送致などの「保護処分相当」なども視野に入れつつ、最終判断する方針。

 逮捕容疑は、昨年7月26日午後8時ごろ、佐世保市内のマンション自室で、
クラスメートの女子生徒(当時15歳)の後頭部を工具で殴り、ひものようなもので首を絞めるなどして殺害したとしている。【大場伸也】



(さらに…) 省略されました!全てを読むにはココを押してください

ユニクロの中国工場に潜入捜査→時間外労働130時間超え+約38℃の灼熱労働環境





1: フェイスロック(愛知県)@\(^o^)/ 2015/01/16(金) 00:07:51.06 ID:ahGhANDF0.net BE:792899348-PLT(13700) ポイント特典

sssp://img.2ch.sc/ico/aramaki2.gif
工場員として潜入調査

報告書によると、両工場では「罰金」によって労働者を管理していたという。
広州市南沙区の工場では58種類の処罰規定があり、そのうち41は「罰金制度」を含んでいた。
両工場で働く労働者の平均月収は2500~4000人民元(1人民元は約19円)だが
たとえば南沙区の工場では「生地を間違えると50人民元の罰金」などと決まっていたという。

「8分遅刻したら2時間分の給料が差し引かれる」
「中国では労働者から罰金を取ることが禁止されており、明らかに法律に反している」

夏期だと約38度にも達することもあった。工場内があまりにも暑いので、
ほとんどの男性が上半身裸で作業しており、防御のための手袋もはめられない状態だったという。
聞き取り調査では、労働者から「あまりの暑さに失神する者もいる」「まるで地獄のようだ」という声も出ていたそうだ。
no title


そーす(長いので適当に間引いてます
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150115-00002557-bengocom-soci
http://bylines.news.yahoo.co.jp/itokazuko/20150113-00042192/



(さらに…) 省略されました!全てを読むにはココを押してください

【衝撃】 現役自衛官が壮絶なイジメ 精液をかけたり陰毛を燃やしたりなど内容が凄まじい





1: 毒霧(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2015/01/16(金) 12:59:00.64 ID:WhqKVoWf0.net BE:829826275-PLT(12001) ポイント特典

sssp://img.2ch.sc/ico/nida.gif
「恥辱写真をグループ公開」LINEを利用した自衛隊イジメの実態
http://dmm-news.com/article/908533/
「トロくさい同期が寝たのを見計らって、エロ本で元気つけて、そいつの顔に精液をかけたこともあったね。
他にも靴で頭を叩いて起こして逃げる。ベッドに掛けている作業服を隠す。イジメは虐められた側にとっては
苦痛かもしれない。でもイジメた側にとっては微笑ましい青春の1ページだね」

現役の海上自衛官・池田芳雄氏(仮名・40代)は、中学校卒業後、少年自衛官として第1術科学校生徒部に
在籍した4年間の自衛隊生活を振り返りこう話す。「俺が少年自衛官当時、同期間でのイジメはしてたよ。
まあ、イジめられるヤツも大概なんだけどね。理屈っぽくてトロくさいヤツだな。どこの自衛隊でもある話でしょ」

「自衛隊では約20年前から体罰厳禁が徹底している。だからイジメも暴力を伴うものはまずない。そんなこと
するとやられたほうがチクりかねないからな。変わりに、やられたほうが、上司やマスコミにタレ込めない
ようなイジメが多くなっている」世相を反映してか、近年の自衛隊のイジメは人格を否定するような罵倒や、
性的内容を含むものに集中するという。

「2014年、防衛大の発覚したイジメでは、除菌スプレーを陰毛にかけて燃やすという行為がありましたよね。
あれなど俺に言わせるとまだ甘い。自衛隊の部隊では、燃やしてその後、剃るんだよ。で、それを仲間内で
ネタにするというわけ。『あいつ今、小学生だぞ』ってね。ま、それだけでは済ませないけどな」

池田氏は、イジメのターゲットが上司やマスコミへのタレコミを行なわせないよう、陰毛を燃やした箇所を
かならず顔入りで写真撮影、それを仲間内でLINEで流すという。場合によっては、あくまでも“自発的に
”口淫を行なわせ動画を撮影し、その際、「私は自発的に池田1曹に口淫させて頂きます」と言わせる。
あくまでも合意の上の行為だとする。万が一、外部に漏れた際の措置だ。

・女性幹部も格好のイジメターゲットに
「大卒の女の幹部(将校)は格好のイジメのターゲットだったね。仕事では徹底的に無視して、そいつの
指示は“なかったこと”にする。うちら下士官が動かないのは幹部の責任。そいつの指導能力が問われる
ことになる」



(さらに…) 省略されました!全てを読むにはココを押してください

厚労省「ホワイトカラー・エグゼンプションの対象を拡大する。SEも入れよう」





1: タイガードライバー(WiMAX)@\(^o^)/ 2015/01/16(金) 02:54:50.19 ID:5D6Xm1FH0.net BE:545512288-PLT(15444) ポイント特典

sssp://img.2ch.sc/ico/pc3.gif
労働時間規制の除外、IT技術者も対象 厚労省検討
2015/1/16 2:00

 厚生労働省は時間ではなく成果に賃金を払う「ホワイトカラー・エグゼンプション」の
対象にシステムエンジニアなどIT技術者や投資銀行員を加える検討に入った。
これまで議論してきた株式ディーラーなどから対象を拡大する。メリハリのきいた
柔軟な働き方を広げ、国際的にみて低い労働生産性を引き上げる。

 厚労省が16日の労働政策審議会(厚労相の諮問機関)の分科会で案を示す。
(※以下ソース)
http://www.nikkei.com/article/DGXLZO81991820W5A110C1EE8000/



(さらに…) 省略されました!全てを読むにはココを押してください

【衝撃】 6日間ずっと目を覚まさない「眠り病」が急増中





1: ローリングソバット(岐阜県)@\(^o^)/ 2015/01/16(金) 14:23:51.21 ID:HWTYh5Pe0.net BE:273822876-PLT(12000) ポイント特典

sssp://img.2ch.sc/ico/anime_kukkuru01.gif
http://news.livedoor.com/article/detail/8875544/

6日間一度も目を覚まさない「眠り病」が拡大中ーカザフスタン

2014年5月27日 22時24分 マイナビウーマン
6日間一度も目を覚まさない「眠り病」が拡大中ーカザフスタン
写真拡大
毎日仕事に家事にと忙しい日々を送っている女子にとって、睡眠はひとときの安らぎを得られる大切な時間です。

質の良い睡眠を得るために、快眠グッズを集めている人も多いのでは?

そんな本来ならば、リラックスできるはずの睡眠がある国では底知れぬ恐怖に変わってしまったそうです。
カザフスタンにあるカラチ村では眠り病が拡大しており、多くの住民がただひたすら眠り続けるという奇怪な状況が続いています。

カラチ村周辺で眠り病が蔓延し始めたのは2013年で、一時期この病気は収まったように見えたのですがたびたび流行っては終わるといったリズムが
不定期に繰り返されています。2014年の5月に再びこの病気が人々の間に流行し、現在60人前後の人々が何日も眠り続けています。

眠っている期間は人によって違うそうですが最大で6日間という記録が出ています。

この眠り病に感染して、2日後に目覚めた村人は牛の乳搾りをしている最中に突如として眠りに落ちてしまったと語っています。

興味深いのは眠っている間も「早く乳搾りを終わらせなくちゃ」など自分が眠っていることを自覚してない寝言をしゃべっていたという点です。
眠っているのにも関わらず、現実世界を普通に生活しているような感覚があるのでしょうか。

いずれにしても目覚めると何も覚えていないため確かめようがないのが現実です。

この病気にかかった人はただひたすら眠り続けるだけで、医者が体を調べても特に異常は見られないそうなのです。
専門家や科学者はこの謎の病気を解明すべく捜査に精を出していますが、鉱山から発生している天然ガスが原因ではないかと語っているそうです。



(さらに…) 省略されました!全てを読むにはココを押してください

Page 1 of 212