【画像あり】 史上最大の飛翔鳥類の化石を発見! 翼幅がなんと6.4メートルも | オモシロ速報 <アニメ、ゲーム、アイドル、エロ中心の2chまとめブログ>
 
オススメの記事 
 
 
 
 




1: Cancer ★@\(^o^)/ 2014/07/08(火) 07:36:00.39 ID:???.net

大昔の鳥はストレッチ・リムジンより大きな翼幅を持っていた
Sid Perkins, 7 July 2014 3:15 pm

新種として記載された大昔の海鳥ペラゴルニス・サンデルシの翼幅は6.4メートル以上あったらしい。
no title


サウスカロライナ州の建築事業の最中に発掘された化石が、これまで知られている中で
もっとも大きな翼幅を持つ鳥類のものだったことが新しい研究で分かった。この動物は
翼の端から端まで6.4メートルもあった。これは10人乗りのリムジンの長さとほぼ同じで、
現在の翼幅記録保持者のワタリアホウドリの2倍に達する。新種として記載された本種は
現代のアホウドリと同様に、誰にも負けない帆翔能力の持ち主だったと考えられている。

新種の断片的化石(ほぼ完全な頭骨と片側の翼と脚)は1983年、チャールストン国際空港
新ターミナル建設のための掘削工事が始まったときに発見された。この化石は2500万年前
から2800万年前までのあいだに海底堆積物としてたまった岩石の中に埋まっていた、と
現ブルース博物館(コネティカット州グリーンウィッチ)の古脊椎動物学者、ダニエル・
セプカ(Daniel Ksepka)は話した。セプカはノースカロライナ州立大学(レイリー)で
研究していたときに、チャールストン博物館のコレクションの一つだった当標本を調べる
よう依頼された。(本種の記載が30年遅れたのは、繊細な化石を岩石から取り出すのに
時間がかかったという理由も一部ある。)

それらの化石の中で最大の骨は、長さ81センチメートルの上腕骨の断片だった(ヒトだと
肩から肘までの骨)。完全な状態の上腕骨は長さが約91 cmだったとセプカは分析した。
彼はこの種の近縁種の骨格比率に基づいて、各翼がほぼ2.5メートルだったと推測した。
翼端の羽と体の幅を加えるとこの鳥の翼幅は6.4 m以上になると、セプカは今日、米国
科学アカデミー紀要オンライン版に報告した。現生のワタリアホウドリ(Diomedea
exulans)の最大の野生捕獲標本でも、翼幅は3.5 mにすぎない。

ペラゴルニス・サンデルシ(Pelagornis sandersi)と名づけられた新種は、ペラゴルニス属
(古代ギリシア語で「外洋の鳥」を意味する)に属する数種の鳥のうちの一つだ。これらの
巨大な海鳥(全て絶滅種で全て現生アホウドリと同じかそれ以上の大きさ)は世界中に
分布していて、この属の化石はすべての大陸から見つかっている。かつてペラゴルニス科は
ペリカンとアホウドリに近縁だと提唱されていたが、最近の研究ではこのグループはカモ、
ガン、ハクチョウにむしろ近縁だと推測されている。

P・サンデルシの後肢の体重を支える骨の比率から、この鳥は体重およそ22~40キログラム
だったことが分かった。セプカはこの推定体重範囲と翼幅の推定範囲を合わせて、P・
サンデルシの滑空能力を見積もることに成功した。彼が分析した体重と翼比率の組み
合わせのほとんどで、P・サンデルシの能力はグンカンドリとハゲワシ(帆翔能力が高い
ことで知られる2種類の鳥類)を上回り、ハイガシラアホウドリ(Diomedea chrysostoma)も
打ち負かすことが多かった。セプカによると、この鳥は滑空中に平均して1メートル落ちる
あいだに22メートル前進することができたという。
>>2以降につづく)

これまで見つかった中で最大の飛翔する鳥類とおもわれる動物の頭骨化石を調査する古生物学者ダン・セプカ。
no title

ペラゴルニス・サンデルシの復元図(発見された骨の断片は白く示されている)。
no title


ソース:Latest News – sciencemag.org(7 July 2014)
Ancient bird had wingspan longer than a stretch limousine
http://news.sciencemag.org/paleontology/2014/07/ancient-bird-had-wingspan-longer-stretch-limousine

原論文:PNAS
Daniel T. Ksepka. Flight performance of the largest volant bird.
http://www.pnas.org/content/early/2014/07/02/1320297111

プレスリリース:National Evolutionary Synthesis Center/EurekAlert!(7-Jul-2014)
Scientist identifies world’s biggest-ever flying bird
http://www.eurekalert.org/pub_releases/2014-07/nesc-siw070214.php

2: Cancer ★@\(^o^)/ 2014/07/08(火) 07:36:12.90 ID:???.net

>>1からのつづき

セプカの新しい分析は「確固とした研究」だとポーツマス大学(英国)の古生物学者、
マーク・ウィットン(Mark Witton)は話した。それはP・サンデルシが「スーパーアホウ
ドリ」だったことを示した、と彼は続けた。彼によると、この鳥の飛行能力は「だいたい
この翼幅の生物に予想されるものだ」という。

飛行能力を評価するのに、単一のサイズと翼幅の組み合わせでなく広い幅を取ったことは、
「センセーショナルな超巨大絶滅動物の化石発見の話で時々見られる憶測とは違う」と
ノースカロライナ自然科学博物館(レイリー)の進化生物学者、アダム・スミス(Adam
Smith)は話した。

P・サンデルシのボディプランは長距離飛行によく適応したものだと、サザンカリフォルニア
大学(ロサンジェルス)の古脊椎動物学者、マイケル・ハビブ(Michael Habib)は話した。
飛行経路の気流が良好な状態で測定すれば、「それは[距離の]チャンピオンになったと
思われる」と彼は話した。ハビブの説明によると、この鳥は熱上昇気流(通常より温暖な
海洋パッチの上に昇る空気の柱)を利用して高度を得て、次の熱上昇気流に着くまで滑空
することによって海洋の長い距離を渡ることができた。

長距離を帆翔し最少の労力で餌を漁る能力は、P・サンデルシとその近縁種(5500万年前
から約300万年前まで棲息していた)が世界中で繁栄した理由の一つだと考えられている。
セプカによると、もっと大きな謎はこのグループのメンバーが絶滅した原因だという。
絶滅原因の可能性には、海上の風速に影響を与えた気候変動、好む餌の入手性の変化、
これら2つの組み合わせ、などがある。

おわり




4: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2014/07/08(火) 08:08:45.63 ID:cclu4rtE.net

はぁ?アルゲンタエイビス無視すんでねえよカスが


9: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2014/07/08(火) 11:05:40.65 ID:rwiTfyag.net

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%A2%E3%AB%E3%B2%E3%B3%E3%BF%E3%B4%E3%A3%E3%B9
アルゲンタヴィスもしくはアルゲンタビス(Argentavis、「アルゼンチンの鳥」の意)は、
800万年前から600万年前にかけて南アメリカに棲息していた大型の猛禽。
通常、鳥綱ワシタカ目に分類されるが、幾つかの分類では違う目に含められている。
ごくわずかの化石しか発掘されていないが、それから推測される大きさは翼開長7メートルから7.5メートル、
全長1.5メートル、推定体重は80キログラムに及び、飛行能力を持つ真鳥類としては史上最大と言われる。
7メートル以上に及ぶ翼開長は現存する最大級の飛行できる鳥類、ワタリアホウドリのほぼ2倍に及ぶ。


11: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2014/07/08(火) 12:05:35.77 ID:v9bQdVqW.net

>>9
翼幅~7メートルという極端に巨大な推定値はサンカール・チャタジーが2007年の論文で急に言い出した数字
このひとは、ポストスクスをティラノサウルスの直系の祖先だと言い出したり、シヴァクレーターを言い出したり、
多種混在標本から「最古の鳥類」プロトアヴィスを記載しちゃったり、お騒がせ古生物学者として有名
眉につばつけて聞いとくべき数字(7.5メートルのソースは分からん)

http://www.livescience.com/46679-largest-flying-bird-discovered.html
別の記事だが、KsepkaはArgentavisの骨格翼幅を4メートル、P. sandersiの骨格翼幅を5.2メートルと言ってる


10: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2014/07/08(火) 11:19:53.43 ID:BAP0tTrV.net

翼竜に比べれば小さいような気がするけど。鳥類がそこまで
巨大化出来なかったのは何か理由があるんだろうか。


19: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2014/07/08(火) 22:41:28.22 ID:az0u5itW.net

>>10
酸素濃度の違いのせいじゃない?


30: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2014/07/10(木) 07:17:14.31 ID:Hvg5GaGw.net

>>10
恐竜ほど大きな動物が今いないのと同じ
つまり重力定数が変わったから


31: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2014/07/10(木) 08:32:58.32 ID:uSBwmLf+.net

>>30
大気圧が変わった可能性はないのかな?


21: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2014/07/09(水) 11:25:45.95 ID:DWR3xE/3.net

別ソースな

史上最大の飛行鳥類化石、米国で発掘
AFP=時事 7月8日(火)11時22分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140708-00000014-jij_afp-sctch
http://amd.c.yimg.jp/im_siggivPwgYcFyQfcdbA.QmP82w—x450-y302-q90/amd/20140708-00000014-jij_afp-000-6-view.jpg
【AFP=時事】米サウスカロライナ(South Carolina)州で発掘された化石が、
これまで知られている飛行可能な鳥類のものとしては、最大の翼幅を持つことが判明したとの研究報告が、7日の米科学誌
「米科学アカデミー紀要(Proceedings of the National Academy of Sciences、PNAS)」に掲載された。

論文によると、新たに確認されたのは「ペラゴルニス・サンデルシ(Pelagornis sandersi)」と呼ばれる鳥類で、
発見された化石の翼幅は6メートル40センチだった。
現在生息する世界最大の海鳥、シロアホウドリの約2倍の大きさだという。

ペラゴルニス・サンデルシの翼と脚、および完全な頭蓋骨の化石は、サウスカロライナ州チャールストン(Charleston)近郊で1983年に、
新国際空港建設のための掘削作業中に発見された。
ペラゴルニス・サンデルシは、約2500~2800万年前に生息していたとみられ、その巨大な翼で海上を長時間飛行し、
長いくちばしととがった歯で餌を捉えたと考えられるという。
 翼幅が大きかったことから、地上からの離陸は難しかったと考えられ、飛び立つためにはなんらかの助けを必要とした可能性が高い。
研究チームは、斜面を利用し助走したか、ハングライダーのように強風を利用して浮上したのではないかと考えている。

論文の執筆者であるノースカロライナ(North Carolina)州ダーラム(Durham)米国立進化統合センター
(National Evolutionary Synthesis Center、NESCent)のダン・クセプカ(Dan Ksepka)氏によると、
離陸した後は、翼の羽ばたきを利用せずとも長距離を滑空できた可能性があるとしている。
論文によると、ペラゴルニス・サンデルシの翼幅は6.06~7.38メートルだったと推定されるという。
この鳥は、恐竜が絶滅して後、最初の人類が北米に住みついたと考えられる時期までの間に生息していたという。

これまで、最も大きな翼幅を持つ鳥類は「アルゲンタビス・マグニフィセンス(Argentavis magnificens)」とされていた。
約600万年前のものとみられる化石がアルゼンチンで発掘されている。【翻訳編集】 AFPBB News






24: 名無しのひみつ@\(^o^)/ 2014/07/09(水) 11:37:31.02 ID:DWR3xE/3.net

さらに別ソース

最大の古代鳥、飛行も可能だった―翼長は6.4メートル以上
By ROBERT LEE HOTZ
2014 年 7 月 8 日 10:36 JST
http://jp.wsj.com/news/articles/SB10001424052702304188504580015993871618902

no title

史上最大の飛翔鳥ペラゴルニス・サンデルシの想像図
no title

ペラゴルニス・サンデルシの化石 Proceedings of the National Academy of Sciences

科学者たちは、これまでで発見された中で最も大きくて飛行可能な鳥を特定した。
翼長が21フィート(約6.4メートル)ないしそれ以上で、2500万年前に古代の海の上空をグライダーのように舞っていた公算が大きいという。
しかし今日まで、それは、地上から飛び立てると考えていた専門家はほとんどいなかった鳥だった。
従来の飛行モデルでは、この絶滅した海鳥は、現代のアホウドリの2倍の大きさで、体が余りに重すぎて、長くてぜい弱な翼では飛べないと考えられていた。

しかし米国科学アカデミー紀要(PNAS)に掲載された新しいコンピューター分析結果によれば、この巨大鳥はどうやら上昇気流に
効率的に乗ることができたようで、1週間ないしそれ以上空中にとどまることも可能だったようだという。
ロサンゼルス郡自然史博物館の飛行進化の専門家ルイス・チアップ氏は、
「この巨大鳥は羽ばたいて飛ぶ鳥の理論的な重量よりはるかに重いが、翼をはばたかせ、飛び立つ能力があったと結論しなければならない」と述べた。
同氏は、今回の研究に関与していない。
同氏は「飛行の多様性に関するわれわれの現代の見方はかなり狭い」と述べ、「この鳥は極めてユニークな鳥だ」と語った。
実際、新しい飛行分析が正しいとすれば、この巨大鳥はオリンピックの短距離走選手の走行速度よりもはるかに速く飛行でき、
毎秒50フィート(約15メートル)ものスピードで飛行していた可能性がある。

この巨大鳥の生体力学的な分析を行ったブルース博物館(コネティカット州グリニッジ)の鳥類古生物学者ダニエル・セプカ博士は
「これはかなり印象的な生き物だった」と述べ、「科学は飛行に関するルールを作っているが、現実の生き物はその迂回路を見つけた」と語った。
この巨大鳥の骨の化石が発掘されたのは1983年で、サウスカロライナ州のチャールストン国際空港の新ターミナル建設のため
建設労働者が敷地を掘り起こしていた時だった。
それは当時チャールストン博物館の館長だったアルバート・サンダース氏にちなんで正式には
「Pelagornis sandersi(ペラゴルニス・サンデルシ)」と命名された。同博物館には現在、この巨大鳥の化石の標本が保管されている。

この種類の巨大鳥の化石はこれまでこれしか発見されていないが、同類の化石は世界中で見つかっている。
この巨大鳥のくちばしには針状の歯が並んでいる。
生存中は体重が48-88ポンドで、翼骨は厚さ1ミリほどしかなく、翼長は少なくとも20フィートに達していた。
翼は余りにぜい弱で、これを最初に研究した専門家たちは、陸上から飛び立つのに通常必要な揚力を生み出せるか疑問視していた。
この巨大鳥の飛行特性を調べるにあたり、セプカ博士は飛行筋肉エネルギー、羽ばたくスタイル、ボディ-マス(体格)など
各種の推定値をテストするため、24に上る異なるコンピューターシミュレーションを実施した。
その結果、同博士は、この巨大鳥は驚くほどうまく設計されたグライダーのようなもので、
少なくとも現在の飛行可能な最大の鳥であるアホウドリと同じように舞い上がることができ、現代のコンドル以上に効率的に飛行できたと結論した。

シミュレーションでは、このように大型の生き物がどのようにして無事に着陸できるかは明らかにしていない。
同博士は「着陸する時には、この巨大鳥にとって少々危険だっただろう。骨が極めて細かったからだ」と語った。


 引用元: http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/scienceplus/1404772560/







コメント一覧
コメントの投稿

コメントを残す